良品計画は7日、無印良品で販売した乳幼児用パジャマから基準値を超えるホルムアルデヒドが検出されたとして、自主回収すると発表した。

対象商品は「オーガニックコットンフランネルお着替えパジャマ(ベビー・赤)」。10月26日から今月5日までに全国で694枚を販売した。宮崎市による抜き打ち検査で検出されたという。原因は調査中。問い合わせは良品計画お客様室(0120・640・772)。午前10時~午後6時。出典:朝日新聞デジタル

無印良品から公式に「お客様には多大なご迷惑をおかけしますことを心からお詫び申し上げます。今後一層の品質管理の徹底を行い、再発防止に万全を期す所存でございます。何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます」との謝罪があったので間違いないようです。

株式会社良品計画

今回ホルムアルデヒドが検出された商品は2016年10月26日から2016年12月5日まで販売しました「オーガニックコットンフランネルお着替えパジャマ(ベビー・赤)」

現在自主回収と返金対応中とのこと

正直ショックです!無印良品のオーガニック系の商品は肌が弱い事もあり価格が高くても購入してきました。このニュースを聞いて今後の購入は控えようと思います。そもそもオーガニックを謳っていてホルムアルデヒドが検出されることがおかしい。

衣類に使わられるホルムアルデヒドは衣類の縮みやしわを防ぐために使用されているようです。ホルムアルデヒドは刺激の強い物質で、濃度が濃いホルムアルデヒドは接触すると、発疹などの皮膚障害やアレルギーを起こす可能性もあります。特に赤ちゃんの肌は敏感なため、生後24ヶ月以内のベビー用品は、基準がより厳しくなっています。

自分の家にある無印のオーガニックコットンの商品の多い事、、、、全部買い換えるのにいくらかかるのやら、、、少しづつ片付けて行こう。

注目の記事

 

Sponsor Link