登山靴トランゴ S エボ GTXのソール張替えの値段と納期を紹介します!スポルティバ

 

LA SPORTIVA(ラ・スポルティバ)のトランゴ S エボ GTXのソール張替えをしました、この記事では実際にソール張替えをしたときにかかる価格(費用)と納期にを紹介したいと思います。

今回ソール張替えに出した登山靴

 

LA SPORTIVA  TRANGO S EVO GTX(ラ・スポルティバ トランゴ S エボ GTX)

トレッキングシューズと登山靴の良いとこ取りしたようなブーツで片足の重量が700gと軽量でセミワンタッチアイゼ対応で残雪期の登山も快適に登れる私の中では最強の1足で最高のパートナーです!定価42,000円になります。購入当時は嬉しさのあまり枕元に置いて寝たぐらいです。

現在のスポルティバのラインナップには無くなっていますがまだまだ現役で人気の登山靴です。

因みに現在のトランゴ S エボ GTXに相当するものを探してみましたが現在軽さと堅牢性とで分かれておりトランゴ S エボ GTXはその間の性能になります。

 

↓軽さを追求したトランゴ テック GTX

 

↓堅牢性を追求したトランゴ アルプ エボ GTX

\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

個人的にはトランゴ アルプ エボGTXの方が長く使えそうで好みですね、トランゴ S エボ GTXより25g重いですが気になるレベルでは無いと思います。

ソール張替えを購入店(石井スポーツ)に依頼しました

このトランゴ アルプ エボGTXを購入すたのは石井スポーツでした、購入して最初の登山で石か枝に引っかけてラウンドがめくれてしまう事故を起こし40,000円もするブーツを1日で壊してしまったと落ち込んで石井スポーツへ持ち込んだらなんと新品と交換してくれためちゃくちゃ良心的なショップです。

石井スポーツへ持っていくとまずはスポルティバへ送ってみて見積もりになりますとのことで、ソール交換なら1万3000円くらいでラウンドも交換ならもう少しかかります、見積もり出しますか?との事でした。交換以外は考えていなかったので見積もりいらないので交換しちゃってくださいと答え修理完了を待つことにしました。

登山靴のソール交換の納期はどのくらい?

 

登山靴のソール交換はどのくらいの期間が必要なのか皆さん気になるところかと思います。私は今回ソール交換に出すまではかかっても二週間くらいだろうなと思っていたのですが、実際には6月10日に出して7月18日に完了の電話が来ました、まさかこんなに時間がかかるとは思っていませんでした。

さすがにかかりすぎだろうと思い色んなサイトを検索しまくった結果ソールの交換には約1ヶ月ぐらいが目安とのことがわかりました。完全に交換時期を誤りましたね、、、修理に出すならセカンドシューズが無いのであればシーズンオフにお願いするのが良いですね。

ソール交換の値段はいくら?

今回のソール交換でかかった値段は税込約2万円でした、ブーツの新品時の定価が42,000円なので約半額の値段になります。

2万円かかるなら新品を購入した方が良いと思う人もいるかもしれません、でもブーツってソール以外は結構もつんですよね、しかも何山も登っているうちに自分の足に馴染んでいるので新品には無い安心感があります。当然愛着も湧きます。

個人的には2回まで交換しても良いかなと考えています、4万円のブーツを2回買い替えると合計12万かかるわけですがソール(ラウンド、コバ含む)交換だけなら8万円で済むわけです。4万円浮くわけですから他のギア代にお金をまわせますよね。

 

ソール交換に出す目安は?

今回ソール交換に出したわけですが、一般的にどのような状態にソールがなったら交換に出したらいいか紹介したいと思います。

・ソールの爪先の減りが酷くなりラウンドまで傷がつきそう(全体的に角が無くなり丸くなってきたら)

・ソールのサイド面に傷が付きもろくなっている

・ソールのつなぎ目に隙間がある

・かかとの部分の溝が無くなっている

上記のどれか一つでも当てはまる場合は交換時期かと思われますのでソール交換を検討してみてはいかがでしょうか?

Before

After

ユーチューブチャンネルBack-Country Movies バックカントリー穂高 登山さんの説明がわかりやすいので貼っておきます