デナリ

7大陸最高峰(セブンサミッツ)登頂成功!

デナリへ出発する南谷真鈴さん
デナリへ出発する南谷真鈴さん

出典:facebook Marin Minamiya

前回、エベレスト登頂に国内最年少記録で成功した南谷真鈴さん19歳が7大陸最高峰登頂(セブンサミッツ)に2016年7月4日成功しました!今回登頂したデナリには6月から渡米して挑戦していたようですね。

前回のエベレスト登頂の記事

7大陸最高峰

  • アジア大陸:エベレスト(ネパール・中華人民共和国、8,848m)
  • ヨーロッパ大陸:エルブルス山(ロシア連邦、5,642m)
  • 北アメリカ大陸:デナリ(アメリカ合衆国、6,194m)←旧マッキンリー
  • 南アメリカ大陸:アコンカグア(アルゼンチン、6,959m)
  • アフリカ大陸:キリマンジャロ(タンザニア、5,895m)
  • オーストラリア大陸:コジオスコ(オーストラリア、2,228m)←チャックジャヤピラミッド
  • 南極大陸:ヴィンソン・マシフ(南極半島付近、4,892m)

Sponsor Link

南谷真鈴さんのこれまでの主な海外登頂軌跡

17歳で南米最高峰の山アコンカグア登頂に成功
2015年7月にはキリマンジャロ登頂に成功
2015年8月にはモンブラン登頂に成功
2015年10月にはマナスル登頂に成功
18歳で登頂を成功させた事によってマナスルの日本人最年少記録と世界女性最年少記録保持者となる
2015年12月19歳で南極大陸最高峰の山ヴィンソン・マシフ登頂に成功
2015年12月コジオスコ(チャックジャヤピラミッド)登頂に成功
2016年3月22日エルブルス登頂成功
2016年5月エベレスト登頂に成功
2016年7月4日デナリ(旧称マッキンリー)登頂に成功

世界の最年少登頂記録

日本人での最年少記録は今回南谷真鈴さんが記録した19歳ですが、世界の最年少記録は誰で何歳なのか気になりますよね、ちょっと調べてみました。
ジョーダン・ロメロ

最年少記録
2011年 ジョーダン・ロメロ(アメリカ・15歳)

サマンサ・ラーソン

出典:http://www.samanthalarson.com/

女性最年少記録
2007年 サマンサ・ラーソン(アメリカ・18歳、女性最年少記録)

この最年少記録ですが現在エベレスト登山に年齢制限がありネパール側からは16歳以上、中国側からは18歳~60歳となっていて実質記録の更新は困難らしいです。ただ中国側からの登頂は強制ではないらしく2014年に13歳のマラバト・プルナ(インド)が中国側から女性最年少登頂をしているようです。この最年少記録更新の挑戦は年々ヒートアップしておりエベレストの年齢制限も低年齢での登山には大きなリスクが伴う事からとられた処置のようです。

 

南谷真鈴さん次なるチャレンジは

自身の夢である「Explorer’s Grand Slam」を達成すべく来年4月に北極点を目指すそうです、Explorer’s Grand Slamとは別名「山岳グランドスラム」「アドベンチャーグランドスラム」とも呼ばれ、下記の山をすべて登る事で達成となる。

8000メートル峰14座

1.エベレスト(8848m)
2.K2(8611m)
3.カンチェンジュンガ(8586m)
4.ローツェ(8516m)
5.マカルー(8485m)
6.チョー・オユー(8201m)
7.ダウラギリ(8167m)
8.マナスル(8163m)
9.ナンガパルパット(8126m)
10.アンナプルナ(8091m)
11.ガッシャブルムI峰(8080m)
12.ブロードピーク(8051m)
13.ガッシャブルムII峰(8034m)
14.シシャパンマ(8027m)

8000メートル峰14座登頂に日本人で成功しているのは竹内洋岳さんただ一人!

7大大陸最高峰

1.エベレスト(ネパール・中華人民共和国、8,848m)
2.エルブルス山(ロシア連邦、5,642m)
3.デナリ(アメリカ合衆国、6,194m)←旧マッキンリー
4.アコンカグア(アルゼンチン、6,959m)
5.キリマンジャロ(タンザニア、5,895m)
6.コジオスコ(オーストラリア、2,228m)←チャックジャヤピラミッド
7.南極大陸:ヴィンソン・マシフ

3極点

1.エベレスト
2.北極点
3.南極点

※赤字は現在登頂済

残りの11座のリスクが高すぎる

残りあと11座ですが、この残りの山がヤバいです死亡率トップ3の山がまだ残ってます、その死亡率が高い山トップ3とは

第3位 K2(8611m)死亡率26.8%

第2位 ナンガパルパット(8126m)28.2%

第1位 アンナプルナ(8091m)40.8

1位のアンナプルナは約半分の人が死ぬという、、、、恐ろしすぎる山です。物凄く辛いチャレンジだと思いますがこれからも応援していきたいと思います!

Sponsor Link