NA型ロードスターのレストアサービス

ロードスターは1989年に発売され今なお販売続けているマツダのFRライトウエイトオープンスポーツカーである。マツダはこの初代ロードスターのレストアサービスを2017年に受付し2018年から開始すると公表している、合わせて2018年初頭より復刻パーツの販売も行うようだ。

初代ロードスターとは

初代ロードスターとはNA型の1989年~1998年に製造販売されたモデルでNA6CE、NA8Cの事を言う。

 

マツダのレストア事業の概要

お客さまの「ロードスター」をマツダがお預かりし、オリジナルに近い状態にクルマをリフレッシュするもので、2017年内に受付を開始し、2018年初頭よりサービスを始める予定です。メーカーであるマツダがお客さまと直接面談し、個々のクルマの状態や御要望に合わせたサービスを実施します。作業を行うマツダ社内の施設は、テュフ ラインランド ジャパン株式会社よりクラシックカーガレージ認証取得を予定しており、レストアしたクルマを高い品質でお客さまにお届けすることが可能となります。

出典:MAZDA

パーツ再供給

現在供給終了となっている初代「ロードスター」の一部パーツを復刻するもので、2018年初頭より販売を開始します。パーツはオリジナル状態にこだわり、初代「ロードスター」発表当時を彷彿とさせるビニール生地のソフトトップやデザインを再現し、乗り味にこだわったブリヂストン製タイヤSF325(185/60R14)、NARDI製ウッドステアリング/シフトノブを現在の技術で復刻します。その他の部品供給についても、お客さまとの対話を通じて今後取り組んでまいります。

こういったレストア事業をメーカーが行うのはあまり聞いたことが無い、レストアできるショップもあることはあるが、パーツが少ない事から正直ぼったくり価格になっているのが現状。古い車に愛着があり長く乗りたいと思っていても部品供給が途絶えてしまい泣く泣く手放した人もいるでしょう。

「だれもがしあわせになる」。初代NAロードスターのカタログに書かれているこのメッセージを、いま一度NAロードスターのお客様と共に分かち合い、お客様がご愛用の想い出の詰まったNAロードスターと、ずっと共に走り、共に歓び、そして幸せに人生を楽しんで頂きたい、そう願っております。

マツダ株式会社 ロードスターアンバサダー 山本修弘

この最後のメッセージに愛を感じます。

こういったレストア事業が拡大し多くの旧車が蘇る夢のような日が来る事を期待したい。将来、シルビアS13のレストアをしたいと思っているのでNISSANでのレストア事業部発足を願う。

Sponsor Link