今回の記事は私が乗っているゴルフ5GTIのイグニッションスイッチの不具合について書きます。実際にフォルクスワーゲンのディーラーで交換してもらいました。故障の原因、作業費用、交換部品などについて書きたいと思います。

この記事を読むと次のことがわかります
・ナビの電源が落ちる原因
・イグニッションスイッチ交換の作業時間
・イグニッションスイッチ交換の工賃
・イグニッションスイッチの価格
・Bluetooth接続が切れる要因の推測

2ヶ月ほど前に受けた車検の時にイグニッションスイッチのエラーを吐いていると担当営業マンから報告を受けてました、そのときは特に今すぐどうこうというわけでは無いので放置してても大丈夫と言われてました。

イグニッションスタータスイッチが故障すると次のような事が起こる

ゴルフ5GTIでイグニッションスイッチが故障したときに起こる事はイグニッションスイッチから電源を取っているものの電源が落ちる事があります。

私の場合は走行中にナビの電源が落ちる事が多くなりました。他にも次のようなものの電源に使われます

・増設イルミネーション
・USB電源
・ターボタイマー
・計装類の電源

イグニッションスタータスイッチの故障の原因

イグニッションスタータスイッチの故障の原因は単純にキーのON/OFFの回数が多いことによるもの

接点が摩耗する事で接触不良を起こすそうです、私の乗っているゴルフ5GTIは走行が14万5千キロを超えているので故障してもしょうがないかと思います。

イグニッションスタータスイッチの交換工賃とスイッチの価格

今回フォルクスワーゲンのディーラーでイグニッションスタータスイッチを交換する事にしました。自分で交換できる部品はだいたい部品だけネットで購入し交換してきましたが、さすがに今回の部品交換は面倒なのと部品が手に入らなかった。

今回交換した時の交換工賃と部品の価格を紹介します。

工賃

イグニッション スイッチ脱着 2,783円
ステアリングホイール 脱着  1,392円
エアバックユニット脱着    4,175円
小計             8,350円(税込み)

部品代

イグニッションスタータスイッチ 部品番号 1K0905849B  13,970円(税込み)

合計イグニッションスタータスイッチの交換にかかる費用は値引きが320円で

合計 22,000円(税込み)

正直もっと高額になると思っていました、担当者が言うには安くしたとのこと。

こちらが交換したイグニッションスタータスイッチです

イグニッションスタータスイッチ交換後の感想

さてイグニッションスタータスイッチを交換した後の症状ですが、ナビの電源が落ちることは無くなりました。ナビの電源が落ちるとBluetoothの接続も切れるので音楽や動画を見ていた場合再生が止まります。(動画を見ながらの運転は禁止されています、あくまで助手席や後部座先での使用になります)

ただBluetoothがブツブツ切れる症状は無くなりませんでした。これはちょっとショックです、音楽が途切れるのが嫌でしたので。

交換後システムエラーで吐いていたイグニッションスタータスイッチの切れるエラーは無くなっているとの説明を担当者から説明がありました。

現在私のゴルフはエラーが一切ない状態になりました。

Bluetooth接続が切れる原因を推測する

されBluetoothがブツブツと切れる不具合ですが、原因を推測してみます

・ナビの不良
・スマホ端末の不良
・アプリの不良

この3つが推測されます、この原因を調べるべくヴォクシーのナビでBluetooth接続して聞いてみました、しばらく聞いてみましたが特に切れることが無かったので、スマホ端末の不良とアプリの不良は関係ありませんでした。

という事はナビの不良が一番疑われます

イグニッションスタータスイッチ交換まとめ

今回ゴルフ5GTIのイグニッションスタータスイッチを交換しました、いざというときにナビの電源が落ちる心配が無くなり安心して車を運転する事ができます。

Bluetooth接続が切れる問題は残っていますが、運転に支障が出るわけではないので我慢したいと思います。後日Bluetooth接続が切れなくなる方法がわかりましたら報告したいと思います。

次回はゴルフ5GTIのバッテリー交換をしたいと思います、作業的には簡単ですが紹介したいと思っています。