先日保育園に通う娘の学習発表会に行ってきました。前回は妻がハンディカムでビデオ撮影、私はカメラで写真撮影の分担で学習発表会に臨みましたが今回は私一人で写真と動画を担当、SLIK STAND POD7にハンディカムをセットして動画撮影、その間に写真を撮るというスタンスです。

3スタイルで使用できるSLIK STAND POD7

今回使用したSLIKのSTAND POD7がかなり優秀なので紹介します。

特徴

「スタンドポッド7」はテーブル三脚「ミニプロ7 N」をベースに、レバー式の伸縮ポールを組み合わせた デジタル一眼レフにも対応できる自立脚付一脚です。脚ベース部が金属部品となっているため「スタンドポッド」と比べ安定性が大幅に向上しています。
また、付属のアダプターを用いることで、一脚として使用することもできます。
脚の伸縮はレバーロック式で伸縮が簡単。伸ばせば1,750mmと十分な高さを確保。
雲台は自由雲台を装備。クイックシュー式で素早くカメラを着脱できます。カメラ取り付け面はゴム入りコルクで摩擦力が大きく、しっかりと固定することができます。

出典:SLIK

簡単に特徴をまとめるとテーブル三脚一脚自立脚付き一脚の3つのスタイルで使用が可能なのです。どれも写真撮影でよく使うスタイルなので三脚の他に1台持っていると非常に便利です。高さも175センチまで伸びるのでビデオ撮影もハイアングルから余裕で撮れます。

こちらが今回ビデオ撮影でセットしたハンディカムをセットした状態のSTAND POD7です。かなり高い位置で撮影可能だったので前に人がいてもしっかり撮影することが出来ました。

写真撮影はα7R IIIにSIGMA MOUNT CONVERTER MC-11を付けてEF70-200mm F4L IS USMで撮影

写真撮影の方は今年導入したSONYのα7R IIIにSIGMA MOUNT CONVERTER MC-11を付けてEF70-200mm F4L IS USMのレンズで撮影しました。

SONYのレンズはFE 24-105mm F4 Gしか持っていないのでホールの最後列からだと105mmでは足りないです。もともとCanonの6Dを使っていたのでCanonのレンズ資産を有効活用です。AF精度は顔認証は高確率で瞳AFはたまに効く感じですね、個人的には顔認証が使えれば問題ありません。お金に余裕が出たらSONY純正でF4通しの広角、望遠ズームは揃えたいと思っています、ただSONYの純正レンズは高いんですよねー。

撮影の設定としてはSS優先1/200、露出補正-1EV、ISOはオートで連写で撮っています。絞りはF4固定状態になります。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥282,180 (2019/07/16 04:27:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キヤノン
¥108,190 (2019/07/16 04:27:47時点 Amazon調べ-詳細)

次回の課題

写真の方は特に問題なく撮れたので満足していますが、できればSONY純正の70-200mmのレンズが欲しいかな。

ビデオ撮影の方は現在HDビデオカメラですが手持ちで撮ることがあまりなくなった事と自宅のTVが55型になったので画質が荒く見えてしまう事から4Kビデオカメラも検討するべきか悩み中。

SLIK STAND POD7の自由雲台をビデオ雲台に変えたいと思っています。自由雲台の固定を解除して構図を変えるときに不便さを感じました。アルカスイス互換のSVH-500が欲しい!

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事