前回新しく投入した幹之めだかと黒ラメめだかですが、日が経つごことに数が少なくなっていることに気づき水槽内をよく観察したところ、約半分が衰弱していることがわかりました。

めだかの衰弱は感染する病気が原因?

尾ひれが細いメダカを発見した時は3匹程度だったのですが、数日後にはほとんどのめだかの尾ひれが細くなってしまいました。

この尾ひれが細くなる症状ですが、衰弱したメダカがよくなる症状で体が細くなり、尾ひれも小さくなっていきます。今までにも同じ状態になったメダカはいましたが薬浴させると尾ひれが元どおりになり元気になっていたのですが、今回は今までとは違い一気に衰弱個体が増え☆になったメダカも多いことから何らかの病気の感染で広まったと思われます。

病気の原因で良く言われるのが水質悪化とストレスです、このどちらか一方でもあると病気になり易いようです。メダカを移した水槽はミナミヌマエビがたくさんいる水質的には悪くない水槽なので水質が悪い事は無いかと、ストレスについては水草が大量に生えていたので泳ぐ隙間が少なくストレスがあったかもしれません。

感染を広げないために全てのメダカを薬浴

病気なのは間違いなさそうなので一度全てのメダカをメチレンブルー薬浴をさせています。1週間が経った頃に状態が良いメダカは水槽に戻そうかと思っています。

 

水槽の清掃(換水・水草トリミング)

感染する病気が出た時は飼育水も換水が必要です、本当なら全換水したいところですがミナミヌマエビを飼育している水槽なので3/4の換水にしました。全換水は流石にリスクが高いので止めておきます。別に水槽を立ち上げたいところですがこの時期に新しい水槽はちょっと、、、来年の春に検討してみます。

水草はウィローモスとスクリューバリスネリアが大量に生えているので大量にトリミングです、スクリューバリスネリアの根が張りまくっていて苦労しました、ほとんどをカットし根も抜けるところは抜きました。根が残ったところが多いので見栄えがかなり悪い、来年の春まで我慢して使いたいと思います。

外部フィルター(エーハイムアクアコンパクト2004)も清掃しました、最近流れが悪いとは思ってましたがバラしたらやばかったです。もしかしたら水質悪化も考えられるかもしれません。スポンジフィルターはぎゅっと絞ったぐらいで止めておきました、バクテリアの急激な減少は水質の悪化に繋がりますからね。

ちょっと汚い写真ですが清掃途中の状態です、清掃後の写真は後日アップしたいと思います、時間がなくて途中までしかできなかったので。メダカの数は13匹まで減ってしまいました。こまめに見てあげないとダメですね、最近は飼育水の換水や掃除をサボっていたので今回の件で猛省しています。生き物を飼う自覚が足りませんでした。

Sponsor Link