まだ数回しか持ち出していないα7R IIIですがパーマセルテープを貼ってボディを保護しました。

というのもこのカメラの購入方法がSONYの残価設定クレジットで購入したからです。

残価設定クレジットとは

デジタル一眼カメラ“α”、レンズ、デジタルスチルカメラ、ハンディカムの一部モデルで選択できるお支払方法です。デジタル一眼カメラ“α”、レンズ、デジタルスチルカメラ、ハンディカムの返却時の買取予定価格を残価額とし、残価額を差し引いた代金を24カ月の分割で支払いできるので、月々の支払いを抑えられます。最終回にあたる25カ月目のお支払方法はお客様のご要望に応じて選べます。お客様と(株)ジャックスとソニーマーケティングとの三者間契約となり、ご注文完了後、(株)ジャックスのクレジット申込み画面でお手続きになります。

 

この残価設定クレジットはSONYだけが行なっているもので他のメーカーでは行なっていません。現在分割払い手数料0%キャンペーン中です、期間は2018年7月30日(月)10時まで。

私は2年後の25回目最終支払いの時にオークションの相場が残価額である151000円より高ければオークションで売り、低ければSONYストアへ返却し新しいボディで残価設定クレジットを利用して更新する予定です。最近のカメラは技術の進歩が早いので2年更新が当たり前になってきています。できるだけ損をせずに趣味の負担額を減らす目的でこの購入方法を利用しています。

残価額で買取の時にボディに傷が多かったりすると減額されてしまうのでパーマセルテープでのボディ保護をしました。山に持っていくことが多いので傷はなるべくつかないようにしなくては。

底の面もバッテリーを出し入れ可能になるように微調整しました。

フードの底にも貼ってみました。

ボディの底だと縦撮りが楽になるL型ステーを付けると保護することができるのですが高くて購入までいけませんでした。
パーマセルテープ

Sponsor Link