少し前の記事でキャノン6DMarkⅡの購入を検討している事を書きましたが、ニコンのD850の発売でマウント変更の決意が固まりました。2017年9月8日発売

画像及び商品紹介文章引用元:Nikon http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d850/

キャノンのメリットが多かった

もともとニコン派だったのですが、周りがキャノンの機種を使っている人が多くレンズの貸し借りのしやすさ、全国的にキャノンユーザーが多く中古製品なども豊富、キャノンサービスが住んでいる仙台にあるなどニコンよりメリットが多い事からキャノン製品を使い続けています。

当時ニコンD7000を使用していたのですがAPS-Cからフルサイズへステップアップするときにキャノン6Dを購入しました。最近キャノン新製品への魅力が感じられなくなりました、どこか出し惜しみをしている仕様で価格も高い、、、個人的に前回キャノンサービスで嫌な思いをしたことも重なり、もともと好きだったニコンマウントへ変更したいと思います。

マウント変更するきっかけになったD850の魅力

このニコンD850は今月の2017年9月8日発売のニコン100周年を記念した高スペックカメラです。当初の予想発売価格はスペックの高さから40万後半~50万だろうと予想されていました、しかし予約受付の段階で発表された価格はなんと約35万円!まぁ一般の人は高いと思われますが、これは破格のお値段ですね、すでに人気がありすぎて初回製造分は売切れのようです。

D850の主な特徴

高画素・高画質
ニコンデジタル一眼レフカメラで初めて裏面照射型CMOSセンサーを採用
有効画素数4575万画素と高画素ながら、ISO 25600を達成!
ベース感度ISO 64を実現!感度全域でダイナミックレンジの広い画像が得られる。

サイレント撮影モードの採用
静止画ライブビュー時に、先幕、後幕ともに電子シャッターを使用する「サイレント撮影」が可能になりました。レリーズ音、機構ブレがないので、美術館、結婚式など静粛な場所での撮影や、超望遠レンズによる風景、天体の撮影など機構ブレを一切排除したい場合に有効。

 

高速性・補足性能
有効画素数4575万画素の高画素モデルでありながら、ボディー単体で最高約7コマ/秒を可能に!バッテリーグリップ使用で最高約9コマ/秒までの連写が可能です。
D5と同じ153点AFシステムがサポートし、動く被写体もより確実に捕捉できます。
しかも14ビットロスレス圧縮RAWで約51コマ、12ビットロスレス圧縮RAW(L)なら170コマまで、連続して撮影可能。

 

ピンポイントオートフォーカスを採用
静止画ライブビュー時、クローズアップ撮影で花のめしべのような小さい被写体にピントを合わせたい場合などには、「ピンポイントAF」が有効です。「ノーマルエリアAF」の約4分の1のサイズのフォーカスポイントで、ごく狭いエリアに高精度でピント合わせができます。

 

倍率約0.75倍の光学ファインダー
ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ史上最大のファインダー倍率である約0.75倍を実現。この0.75倍はD5よりも広い!大きなファインダー像で、被写体や構図を快適に確認できます。ファインダー内表示にはハイコントラストで明るい屋外でも視認性の高い、有機EL表示素子を採用しています。

 

用途に応じてサイズが選べるRAWファイル
RAWファイルが持つ画像編集の自由度は活かしたいものの、大きなファイルサイズの画像が必要ない場合には、12ビットロスレス圧縮RAWで、より小さなファイルサイズを選べます。L(4544万画素)、M(2556万画素)、S(1136万画素)から選択することができます。

 

 

タッチパネル採用のチルト式3.2型236万ドット画像モニター
画像モニターには、多彩な操作が可能なタッチパネルを採用。3.2型の大型モニターで、メニュー設定、撮影、D5同様のフレームアドバンスバーを使った高速画像切り換え、著作権情報をはじめとする文字入力などのタッチ操作が可能です。また、上下の広い範囲で自由な角度にチルトできる、3軸ヒンジ構造を採用。上向きに展開してもファインダー接眼部に遮られてモニターが見えにくくなることがなく、下向き展開も三脚に取り付けたままでスムーズに行え、静止画、動画撮影のアングルの自由度を高めます。

 

暗所でも見やすいボタンイルミネーションと操作系のレイアウト
暗所での撮影では、透過照明を採用したボディー背面左側のボタンやレリーズモードダイヤルの、ボタンイルミネーションが有効。暗いなかでもカメラの設定変更や操作が容易に行えます。ボタンやダイヤルは手にフィットするよう、人間工学に基づいて配置。

 

XQD、UHS-II SDカード対応のメモリーカードダブルスロット
高速で信頼性の高いXQDカードとUHS-II規格対応のSDカードの、2つのメディアを使用できるダブルスロットを搭載。両方のメモリーカード各1枚を装填して、[順次記録]、[バックアップ記録]、[RAW+JPEGの分割記録]と目的に応じて使い分け、撮影画像を効率的に記録できます。カード間で記録画像のコピーも可能。動画撮影時には空き容量が十分なカードを記録先として指定できます。

 

その他にも便利な機能や4K動画撮影など盛りだくさんのカメラです、D850は今、私が欲しいと思う機能がすべて入った理想のカメラなんですよね~。

 

キャノンからニコンへのマウント変更に伴うデメリット

やはりキャノンからのマウント変更にはデメリットも多くあります。

・持っている交換用レンズがまったく使えない
※シグマなどのレンズは有料でマウント変更サービスがある、因みに私が持っている50mm F1.4 DG HSM |Artは税込15,428円で変更可能

・新たにレンズや拡張機器を購入しなければならない

・現像ソフトのリニューアルが必要

・現像に伴うPCスペックの見直し(今使っているマックだとギリギリ大丈夫)

・周りにニコンユーザーがいないのでレンズの貸し借りが出来ない

・山に持っていくにはもったいない?ぶつけたり落としたりするのが怖い

 

まぁ色々とデメリットはあるがこのデメリットを帳消しにするくらい良いカメラなので今回は購入することに躊躇はしない!現在、他の支出が多くすぐに購入することができないのが痛い、発売してまだ間もないので、購入した人のレビューを見て楽しみたいと思う。

 

Sponsor Link