ヤマトヌマエビがまさかの抱卵!

以前45cm水槽で苔対策の為10匹ほど購入して飼っていたヤマトヌマエビですが現在は3匹まで減ってしまいました、ヤマトヌマエビの繁殖は飼育水を汽水にしないといけないので手間もかかるし汽水の塩分濃度の調整が難しいらしく成功している人も多くないようです、ミナミヌマエビの繁殖はもともと淡水のエビなので放っておいても繁殖するので楽なんですけどね。

そのヤマトヌマエビですが先日餌やりをしていたら、1匹やたら太ったエビを発見し、良く見てみるとなんと抱卵してました、まさか残り3匹しかいない状態で抱卵するとは、、、でも汽水を作る予定もないので稚エビが成長する事はできないので増える事はないでしょう。

抱卵したヤマトヌマエビ

みゆきメダカの稚魚はすくすく成長中

今年も10匹ほど増やす予定で卵の採取を多めにしましたが、結構育ってくれたようで20匹ほど育ってくれています、新しい親を数匹購入予定でしたが、近くで良い個体が売っていないので今年は諦めました。来年は他の血を混ぜないと、、、戸建で飼育できることになるので太陽をがっつり浴びれる環境での飼育が今から楽しみです、庭の隅っこにでもメダカブースを作りたい(笑)

Sponsor Link