先日久しぶりに連休がとれたので、栃木県の淡水魚水族館の「なかがわ水遊園」に遊びに行ってきました。

最近は気温が高い日が続いており生後6ヵ月の娘には屋外での遊びは厳しく、涼しい環境で楽しめる場所という事で水族館へ行く事に、東北の水族館はほとんど行った事があるので東北に近い栃木県の水族館「なかがわ水遊園」で遊んできました!この水族館は淡水魚をメインとしていて淡水魚好きな私には興味のそそられる水族館です。

池の中に建つ「なかがわ水遊園」

天気が良く青空に天井がガラス張りになったドーム型の施設がとても映えます。周りには蓮や睡蓮の花が咲いていました。睡蓮の水面への映り込みを撮りたかったのですが良い被写体が見つけられず残念。

 

いざ園内へ!

園内に入ると入場券の自動販売機が設置されています、入場料金は大人600円、小中学生が250円、小学生未満は無料です。観覧して思いましたが、かなりリーズナブルだと思います!入場券の確認を済ませたらエスカレーターで下りて行きます、入場券売り場が2階部分になるので1階に下りる感じですね。

 

 

 

淡水魚飼育のレイアウトが綺麗

淡水魚の飼育がメインなのでメダカやエビを飼っている私には水槽レイアウトがとても参考になりました。使っている水草は手入れが楽で丈夫な物が多い印象でした。どれも綺麗に掃除されていて、しっかり手入れされているのがわかります。

6ヵ月の娘も興味津々

今回初めての水族館になった6ヵ月の娘ですが最初こそ魚に興味があるようでしたが、途中で飽きてしまったようです(笑)、興味の無い娘をよそに私は写真撮りまくり。

ドクターフィッシュのいる水槽に指を突っ込むと、物凄い勢いで吸い付いてきます、とてもくすぐったいです。このように実際に触れられる場所もあるので子供には大人気です。触った後は近くに手洗い場があるのでしっかり手洗いしましょう。

体長4mのピラルク―です、かなり大きいので迫力がありますよ!

 

2階に上がるとそこはアマゾン

なぜかカピバラがいました、アマゾン川を泳ぐイメージのようです。今回は暑い中じっと寝てました(笑)

水辺を泳ぐ巨大魚も透き通った水でばっちり見えます、なんだか本当にアマゾンに来たような気になります。

最後の締めは金魚展

この日はちょうど金魚展の開催期間中で最後の締めに見てきました。たくさんの金魚を見る事ができます、中でも面白かったのがリビングのディスプレイが用意されており実際に自宅で金魚を飼うとこんな感じで飼えますよ的な紹介がされていました。最初の大きな水槽に金魚がたくさん泳いでいる光景は圧巻ですね!あんなに金魚入れたら手入れ大変だろうな。

なかがわ水遊園HP

 

Sponsor Link