以前に蕃山ビオトーブ周辺を散策した時から時間がかなり経ってしまいましたがやっと時間ができたのでダメもとで蕃山のイワウチワを見に中腹まで登ってきました。

ビオトーブ駐車場に着くと梅の花が満開で車から降りると梅のさわやかな香りが風に運ばれてきます。梅ってバラ科なんですね、なんとなくバラの匂いに近い物があるかも。

ビオトーブ周辺は春の花が満開です、カタクリ、キクザキイチゲ、ニガナ、スミレ、ショウジョウバカマなどなど植物に詳しい人ならもっと名前が上がるでしょう。

 

ビオトーブの散策を一通り終え、イワウチワの群生地へ登ります、登山道は両脇にカタクリが咲くカタクリロードです!カタクリの色も薄い物から濃い色まで咲く場所によって変わっています、本来ならいつもの撮影ポイントまで行くのですが今回はあまり時間が無いので真っ直ぐイワウチワの群生ポイントまで登ります。

登山道では古い切り株がたくさんあります、切株が苔に覆われ緑になっていく生命の強さを感じます。登山を始めた頃は山頂に立つ事ばかり考えていて周りの景色にはまったく興味が無かった、山歩きに慣れてくると山行タイムも縮まるものですが私の場合は見る物が多くなり逆に時間が伸びています。登りを標準タイムで歩く事はまずないですね、確実に遅くなります、そのかわり下りのタイムは異常に早いという(笑)

お目当てのイワウチワはギリギリ咲いていてくれました、去年も同じような事を言っていた気がします。今年も同じ景色が見れたことを嬉しく感じます。

ビオトーブまで下山すると桜の木が蕾を膨らませていました、もうすぐこの辺りも桜の花が綺麗に咲くでしょう、仙台は西公園や榴ヶ岡公園では満開のようですね。のんびり花見でもしたいものです。

Sponsor Link