馴染のフォト投稿サイトPHOTOHITOで第14回フォトコンテスト開催していました!が締切日を勘違いしていて作品出しそびれました。

最近子育てに忙しく先日久しぶりに見てみたらコンテスト開催中でした、今回のテーマは「春色」。東北で春色を撮るにはまだ早かったので今まで撮った写真の中から選んでみました。せっかくなので紹介したいと思います。

てか最近写真撮りに行ってなかったので春の時期の写真は少なく、選ぶほどもありませんでしたが、、、

とりあえず春色といえば桜の淡いピンクを一番に連想しますよね?その他には黄色の菜の花なんかが春色ではメジャーではないでしょうか?だからと言って桜のアップやら菜の花のアップでは賞はもらえないでしょう。

菜の花畑の間を小学一年生が黄色い帽子をかぶって登校している姿とか、満面の笑顔の周りに桜のピンクがボケている写真とか良さそうです、といっても今からそんな写真は撮れません、もうちょっと締切を長くしてくれれば良かったのに~、と今更嘆いてもしょうがありません。しかも写真出すの忘れてるし(笑)

 

ではでは今回の第14回フォトコンテスト未発表写真を紹介していきます。

最初の作品はこちら

「さくらと鶴ヶ城」

作品タイトルに芸がありませんね、その名の通り会津の鶴ヶ城と桜の写真になります、鶴ヶ城の赤瓦が日差しを浴びて桜色に見えました、遠景は霞んでいて背景が白色になっていますが逆に淡い感じに撮れたとポジティブに考えています。

 

次の作品はこちら

「春空の一本桜」

有名な小岩井の一本桜です、有名なのは背景に岩手山がどーんとある一本桜の写真ですが、一本桜の上部の空間を広くしふわっとした雲と薄い青空が春の空を表現するのに良いかと思いあえて縦構図の物を選びました、一本桜の写真では珍しい菜の花とのコラボです。

 

次の作品はこちら

「桃始笑」

この桃始笑というのは「ももはじめてさく」と読み、春には少し早いですが桃の花が咲き始める頃という意味になります、この写真は地元の果樹園で毎年綺麗に咲く桃の花に見とれてしまいます、桃源郷などという言葉がありますがまさに畑一面に広がる桃畑は桃源郷のような美しさです。あえて作業をしている人を入れているのはこの桃の花を咲かせた人を尊敬しているからです。

 

次の作品はこちら

「岩手山に広がる」

このブログを見ている人はわかりますが、岩手の姫神山ナイトハイクの帰りに訪れた小岩井の菜の花畑です、一斉に咲いた菜の花畑の黄色がまさに春色ではないでしょうか?この日は天気も良くどっしりとした岩手山が綺麗に見れました、春の時期にしかみれない一枚です。

 

最後に紹介するのはこちら

「鏡面桜」

ちょっと最後に遊んでみました「春色」ではないですがおもしろかったので紹介します、何かおかしいですよね?(笑)

 

とまぁ紹介してきましたが、今回の第14回フォトコンテストに投稿したとしてもダメでしたでしょうね、満足する作品がありませんでした、やはりフォトコンは自分が満足した作品を投稿できないと面白くありません。次回のコンテストはテーマを元に撮りに行った作品を投稿したいと思います。お付き合いありがとうございました。

 

Sponsor Link