子供が生まれて最近スライドドアの車とかミニバンが欲しくなりました、先日知り合いの車屋さんから車の乗り換えはいつ頃がお得なのか色々話を聞いてみました。私の今までの乗り換えの経験も加味して紹介したいと思います。

 

一番経済的なのは乗り潰す事

最初に一番お金がかからないで済むケースは新車・中古車に限らず乗り潰すことです、これが一番お金がかからないと思います。みなさんの中で車がまったく動かなくなるまで乗って買い換えた人はどれぐらいいるでしょう?私は今まで16台ほど車を乗り継いでいますが今まで動かなくなるまで乗ったのはエンジンブローが1台と全損事故が1台の2台だけです。ほとんどの人が途中で飽きたとか用途が変わったなどの理由で売るなり下取りに出すなりしていると思います。こまめにメンテナンスをしていけば大きな故障のリスクは小さいと思います。

ただ乗り潰す目的で車の購入をする場合10年先まで考えて車選びをしなければならないので将来が具体的に想像できなければなりませんね、そう考えるとなかなか難しいかもしれません。

 

燃費が悪くなったから燃費の良い車に乗り換える

これってホントに経済的でしょうか?リッター15キロ走っていた車が10キロしか走らなくなったから、リッター37キロ走るプリウスに乗りかえよう!年間のガソリン代が浮いて経済的!と考えて乗り換える人もいるようです。

これって本当に経済的だと思いますか?プリウスは最新型の中級グレードで乗りだし270万ほどです。この270万円分のガソリン代を浮かせるのに何年かかりますかね?(笑)

年間1万キロ走る人の場合、ガソリン価格が130円/Lとして計算すると

・10Km/Lの車の場合、年間のガソリン代は13万円です

・37Km/Lのプリウスの場合、年間のガソリン代は約3万5千円です

年間の差額は9万5千円です、270万分を浮かせるには28年かかります、まぁこれは極端な例ですがガソリン代を浮かす為だけに車を買い替えると逆に損をする事になってしまいます。

 

新車しか乗らない人の得と感じる買い替え方

車を新車で購入して車を買い替えるタイミングはいつが良いのか考えたことがありますか?私は中古専門なので考えたことがありません(笑)、調べてみると車を下取りや買取に出す絶妙のタイミングがある事に気づきました。

車の法定耐用年数は6年

この法定耐用年数とは車を経費と考えた場合、減価償却年数が6年なのです、法的には車の価値は6年経ったら0になりますよって事ですね。あくまで法的にはですから、人気車種や車の状態によって価値が0になる事はないと思います。ただ新車からの値下がりは6年間で一気に落ちるので下取りや買取を狙う人は早めの買い替えが必要になります。特に大きいのが1年目で自分の物になった瞬間に買取価格は新車価格から30%落ちるとも言われています。

買取で高額査定が期待できるのは何年落ちまで?

もちろん高年式が買い取り金額が高いのは言うまでもありません、買い取り専門店の方の話では3年、5年を区切りに価格は変わると言われています、これは車検を行う年になりますね。だいたい新車を売る人は車検が切れる直前に売る人が多いのでこの年数で相場が変わる事が多いようです。5年を過ぎるとガクッと下がるみたいで8年経過すると査定額はほぼ0になるようです。一部の車は価値が残る場合もありますがマニアックな車でとても稀なケースです。

年式よりも走行距離と車両の状態を重視

高年式が買取価格が高いのは誰でもわかります、走行距離も少ない方が高いのはわかります、例えば次のような場合はどうでしょう。

・23年式、走行距離1万キロ

・28年式、走行距離10万キロ

この場合前者の23年式、走行距離1万キロの車の方が高い査定になります、なので走行距離が多い少ないは年式以上に査定価格に影響してくるのです、合わせて車の状態です、高年式で傷だらけの車より低年式でもとっても綺麗な管理された車の方が査定が高いようです。

結局新車の乗り換えはいつがベストなの?

下取り・買取で高額で売りたいのであれば

5年落ちの2回目の車検までで走行距離は5万キロ以内

 

下取り・買取で少しでも高く売りたいのであれば

最低でも年式なら8年落ちになる前、走行距離は10万キロ未満で買い替えをしましょう

 

 

中古車買うなら何年落ちがお得?

前述のとおり新車の買取は5年経過した時に一気に下がるようです、5年落ちの車はお買い得感が高いと言えます、その他にもフルモデルチェンジした前のモデルの最終型が狙い目、モデルチェンジには大きく分けてフルモデルチェンジとマイナーチェンジの2種類があります、フルモデルチェンジはWindows8がWindows10になるようなものですね、マイナーチェンジはWindows8のバージョンがアップしたみたいなものです。マイナーチェンジの最終型はそのモデルの最終進化型なので悪い所がすべて直された車と言って良いでしょう、何回も修正が入っているので安心感もありますし使用している人のレビューなんかも参考にできますね。

ミニバンで特に人気のアルファードを例にしてみると

アルファード 2015年1月~ 現行モデル

アルファード 2008年5月~2014年12月
2009年6月2日特別仕様車
2010年4月1日特別仕様車
2010年9月30日特別仕様車
2011年5月20日特別仕様車
2011年9月27日マイナーチェンジ ハイブリッドモデル復活
2012年9月18日特別仕様車「240S type GOLD・350S type GOLD
2013年10月31日特別仕様車「240S type GOLD II・350S type GOLD II

狙い目は5年落ちのマイナーチェンジ後なのでアルファードの場合2011年9月27日マイナーチェンジ後のモデルが一番お得になります。

因みに2012年式、走行26000キロの2.4 240X 4WDのモデルだと180万で乗りだし200万以下で購入できる。現行モデルだと344万に諸費用と必要装備を付けると400万くらいにはなるでしょう。

中古車を買うなら5年落ちで前モデルの最終マイナーチェンジモデルが狙い目です!

最新型の中古が欲しいと思う人には何の役にも立たない話なんですけどね(笑)

Sponsor Link