以前MagicCrystalの紹介の記事を書きましたが、今回は実際に購入して作って見ました!早速写真を使って紹介していきます

まずは箱から商品を取り出して足りないものがないか確認します、問題なければ作業を始めましょう!

まず最初にプラスチックのカップに箱の側面に書いてある指定水位まで熱湯を注ぎます、そこまで神経質にならなくても良いと思います。

その熱湯が冷めないうちに袋の中のクリスタルパウダーを溶かします、この溶かす作業は手早くできるだけしっかり溶かした方が綺麗なクリスタルができるようです。

しっかり溶かすことができたらフタをして常温になるまで液体を冷まします、この冷ますときは夏ならそのまま置いて置くだけでいいのですが、冬場のように室温が低い場合は一気に冷めないように、タオルなどを巻いてゆっくり冷ます方が良いようです。

 

常温になりましたらクリスタルの台座をゆっくり液体の中に入れていきます、平らな方を下に逆さにならないように気をつけて沈めます。

台座を沈めたら今度はクリスタルの種を蒔きます、このクリスタルの種にクリスタルパウダーが付着して育つようです。なのでこのクリスタルの種が大き方が大きく育ちます。

クリスタルの種はできるだけ台座の真ん中に落ちるようにした方が綺麗に育つらしいですよ、液体が濃くて中がわからなかったのでキッチンペーパーの芯を使って真ん中に落ちるようにしました。

その後は温度の変化が少ない場所に置いて、フタを外して10日間待つだけです。

 

こちらが約5日ほど経った時のクリスタルです、底の方にうっすらクリスタルが見えます、ライトで照らすと見やすくなります。

 

10日経つとカップの縁にも蒸発したクリスタルの粉が付着するようになります、縁からクリスタルの粉が溢れる場合もあるので、カップを蓋の中に入れて置いておくと汚さないですみます。

 

中の液体を捨てたのがこちら、液体を捨てるときは手袋をつけて取り出しましょう、素手で取り出すと手にクリスタルの液体の色がついてしまい落とすのに苦労します。

中のクリスタルを取り出すときにクリスタルが折れてしまう事もありますので、慎重に取り出しましょう、裏返しにしてカップを何度も歪ませながらゆっくり取り出します。

このようにクリスタルの種から育つとこんな感じに育ちます、もっと大きいクリスタルを作りたいときは、この育ったクリスタル欠片を種として作ると、さらに大きいクリスタルを作ることができます。次回白いクリスタルを作るときにやって見たいと思います。

マジッククリスタルの購入はこちらから

Amazonでも購入可能です
マジッククリスタル OTOGINO

注目の記事

Sponsor Link