2016年10月17日中国が神舟11号の打ち上げに成功させた!

神舟11号
出典:beijingreview.com

有人での打ち上げは6度目になる中国の有人宇宙船「神舟11号(Shenzhou-11)」

中国はこれまでに5度有人での打ち上げを成功していて、いずれも無事帰還しています

2003年10月15日 神舟5号 空軍 楊利偉中佐(当時38歳)1人
2005年10月12日 
神舟6号 費俊龍と聶海勝の2名
2008年9月25日   
神舟7号 志剛、劉伯明、景海鵬の3人
2012年6月16日   景海鵬、劉旺、劉洋(女性)の3人
2013年6月11日   聶海勝、張暁光、王亜平(女性)の3人
出典:神舟-wikipedia

今回の乗組員は景海鵬(Jing Haipeng)、陳冬(Chen Dong)の2名、30日間にわたって滞在し、宇宙船関連の技術や科学、工学分野の実験を行う予定。

中国は欧米に追い付こうと、軍主導の宇宙計画に多額の資金を投じており、2022年までに宇宙飛行士が滞在する施設の完成を目指している。習近平(Xi Jinping)国家主席は打ち上げ成功を祝福するメッセージを発表し、今回のミッションは宇宙で「中国人に大きな一歩を踏み出させ、さらに前進させる」もので、「中国が宇宙強国になるため」に貢献するはずだと述べた。
出典:(c)AFP

 

「人乗せて大丈夫?」「行きはいいがちゃんと帰還できるの?」「中国製の宇宙船は心配」など多くの批判するコメントが多いようです、中国製というと粗悪な物のイメージが多いですが、有人軌道飛行を成功したのはソビエト連邦、アメリカ合衆国に次いで3番目で高い技術力があると思われます、というかあるのでしょう!日本でも人工衛星の打ち上げには成功していますが、有人となると素人考えですが大きな壁があるものと思います、他国の力を借りず(ソ連に借りようとしたが両国の関係悪化で中断)自国のみでの開発には相当な費用がかかるでしょう、いまや経済大国となった中国の力は凄い物がありまね~。素直に驚いていますし今後の中国の発展に脅威を感じます。

 

注目の記事

Sponsor Link