台風10号にビックリ

2016年の台風10号は異例づくし

現在東北へ接近している台風10号ですが、すでに異例づくしの記録となっている。

・台風10号の最初の進路は日本に近づき左曲りに移動していった、台風というと基本は右曲りで最後に温帯的圧に変わり終了するのだが、今回は日本を南下していった。

・南下して終了かと思われた台風10号だが26日に沖縄県南大東島付近からUターンして再び日本へ襲いかかることになる。まるで生き物だ。

・今回の台風10号の前に太平洋側から上陸した台風は1989年に関東に上陸した台風13号以来との事で。東北地方へ直接上陸は予報通りの進路で移動した場合、観測史上初の事態。

今回の台風のルート

スクリーンショット 2016-08-30 7.47.42

出典:http://typhoon.yahoo.co.jp/天気予報

Sponsor Link

今回の台風で気をつける事

大雨に注意

すでに福島では大雨になっている所があるようです、台風が上陸する前の雨の量ろ上陸し直撃した時の雨の量はまったく別物です。予報では局地的に一時間で80ミリ以上の場所もでる他、東北地方では31日の朝までに降る総雨量が350ミリと予想されています。これは通常8月に降る雨の量の2倍以上の量だそうです。土砂崩れ川の増水による氾濫には十分な注意が必要です、避難勧告が出された場合は速やかに従いましょう。

暴風に注意

現在の台風10号は風速25m以上と想定されています、このとき最大瞬間風速は40m以上と言われています、この風速40mとはトラックが横転したり倒木の恐れがあります、さらに一部では異常な風速になる場合があります、電柱が倒れたり、コンクリートブロックが崩れる場合もあります、出来るだけ外出は控えた方が良いです、もしどうしても外出しなくてはならない場合周囲に十分注意して行動することが大事になります、必要ならヘルメットの着用も考えた方が良いでしょう。今朝通勤した時には車の数も少なく大型ショッピングモールも臨時休業を決めた所が多くなっています。

高潮に注意が必要

台風は海の上を移動する際に気圧が低下し海面を持ち上げますそのうえ強風により高潮が発生します。運が悪い事に今現在1年を通して最も潮位が高い大潮の時期です、絶対に海岸には近づかないようにしましょう。

その他のトレンド記事

Sponsor Link