新海誠監督最新作『君の名は。』

君の名は。4
出典:http://www.kiminona.com/

先日月曜日がメンズデイだったこともありMOVIXで『君の名は。』を見てきた、シン・ゴジラを見た時の映画紹介でこの映画見たい!と感じていて公開された評価も高かったことから迷わずチケットを予約した。オープニングからスピード感あふれる演出で一気に映画の世界に引き込まれてしまった。

君の名は。2

日本のアニメーションには最近すごく興味があり最近のジブリアニメに落胆しノイタミナの「甲鉄城のカバネリ」の圧巻の映像美に発奮していたところだった。映画の内容についてはネタバレの恐れもあり、自分の言葉で伝えて映画の評価を下げるような事もしたくないし、あまり評論家的な事は言いたくないので感想は「見て下さい!」とだけ言いたい。

君の名は。3

主な登場人物とキャスト

監督:新海誠(しんかいまこと)

1973年生まれ、長野県出身。2002年、個人で制作した短編作品「ほしのこえ」でデビュー。同作品は、新世紀東京国際アニメフェア21「公募部門優秀賞」をはじめ多数の賞を受賞。2004年公開の初の長編映画『雲のむこう、約束の場所』では、その年の名だたる大作をおさえ、第59回毎日映画コンクール「アニメーション映画賞」を受賞。2007年公開の『秒速5センチメートル』で、アジアパシフィック映画祭「最優秀アニメ賞」、イタリアのフューチャーフィルム映画祭で「ランチア・プラチナグランプリ」を受賞。2011年に全国公開された『星を追う子ども』では、これまでとは違う新たな作品世界を展開、第八回中国国際動漫節「金猴賞」優秀賞受賞。2012年、内閣官房国家戦略室より「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」として感謝状を受賞。2013年に公開された『言の葉の庭』では、自身最大のヒットを記録。ドイツのシュトゥットガルト国際アニメーション映画祭にて長編アニメーション部門のグランプリを受賞した。同年、信毎選賞受賞。次世代の監督として、国内外で高い評価と支持を受けている。

出典:映画『君の名は。』公式サイトより

作画監督:安藤雅司(あんどうまさし)

1969年生まれ、広島県出身。1990年、研修生の二期生としてスタジオジブリ入社。宮崎駿監督作品『もののけ姫』(97年)、『千と千尋の神隠し』(01年)で作画監督を務める。2003年、フリーになって以降もジブリ作品に参加するほか、今敏監督作品などで才能を発揮。『思い出のマーニー』(14年)で14年ぶりにジブリ作品の作画監督を務め、同作品では脚本も担当している。キャラクターデザイン・作画監督を務めた作品に、『パプリカ』(06年)、『ももへの手紙』(12年)、原画参加作品に、『イノセンス』(04年)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(12年)などがある。

出典:映画『君の名は。』公式サイトより

立花 瀧

立花 瀧(たちばな たき):神木隆之介

宮水 三葉

宮水 三葉(みやみず みつは):上白石萌音

奥寺 ミキ

奥寺 ミキ(おくでら ミキ):長澤まさみ

宮水 一葉

宮水 一葉(みやみず ひとは):市原悦子

 

勅使河原 克彦(てしがわら かつひこ): 成田凌

名取 早耶香(なとり さやか):悠木碧

藤井 司(ふじい つかさ):島崎信長

高木 真太(たかぎ しんた): 石川界人

宮水 四葉(みやみず よつは):谷花音

詳しくは映画『君の名は。』公式サイト

Sponsor Link

背景画の美しさ

「君の名を。」背景その3

キャラクターもそれぞれ個性があって面白いのですが私が一番好きなのは背景の絵の美しさで近代的な都会の風景と田舎の風景とが交互に映るので飽きないというか逆に見とれてしまう、山登りが好きな者としては山の絵が素敵過ぎてワクワクしてしまいました。

「君の名を。」背景その1

「君の名を。」背景その2

「君の名を。」背景その4

「君の名を。」背景その5

「君の名を。」背景その6

「君の名を。」背景その7

公式動画


その他の関連動画は映画『君の名は。』公式サイト

新海誠監督作品一覧

2002年 『ほしのこえ』

ほしのこえ

2004年 『雲のむこう、約束の場所』

雲のむこう、約束の場所

2007年 『秒速5センチメートル』

秒速5センチメートル

2011年 『星を追う子ども』

星を追う子ども

2013年 『言の葉の庭』

言の葉の庭

2016年 『君の名は。』

「君の名は。」

書籍・主題歌の売り上げも凄まじいようです

Amazonでの8月28日から9月3日のAmazonの文庫売り上げランキングの1位、2位独占


小説 君の名は。

RADWIMPSが歌う主題歌も大人気!


君の名は。(通常盤)

その他のトレンド記事

 

Sponsor Link