東北も梅雨が明け暑い日が続きます

夏 ひまわり

最近暑いですね〜仕事が大忙しで休みの日はどこにも行く気になれない夏バテ中のAGです、残業続きでやっとの休みだった今日ですがミナミヌマエビ水槽のウィローモスの伸び過ぎが気になり水槽清掃とウィローモスの流木巻き直しをしました。他の水槽の近況報告と合わせて紹介します。

ウィローモスの巻き直し&トリミング

現状の水槽の状態と下準備

ウィローモストリミング 巻き直し

まずは現状のミナミヌマエビ水槽です、ウィローモスが伸びまくって流木に巻いていた物も外れてしまっています、ミナミヌマエビにとっては茂っていた方が居心地は良いかと思いますが、一応観賞目的で飼っているので見た目を良くしないといけません、まずは流木ごとすべてのウィローモスを撤去します。

ウィローモストリミング 巻き直し

撤去してすぐの水槽の写真です、ウィローモスが散乱しています、ある程度取り除いたら細かいのは放置です、すべて取っていたら1日かかってしまいます、それにしても汚い、、、、合わせてソイルの掃除も行います。

ウィローモストリミング 巻き直し

こちらが撤去したウィローモスが巻き付いた流木です、まずはウィローモスを剥がしてテグス(釣り糸)も取り除きます、ウィローモスは何回でも繰り返し使えるので最初に購入すればずっと使えます、増やすのも簡単なのでミナミヌマエビ飼育にはかかせません、餌が無いときは非常食で食べる事もあるそうです。

ウィローモストリミング 巻き直し

こちらがすべて取り外した流木です、テグスをあまり強く引っ張ると細い流木は折れてしまうので注意しましょう!

ウィローモストリミング 巻き直し

実際に流木をどのように組んで水槽にディスプレイするか決めましょう、組み方を決めておかないとウィローモスを巻く際に表か裏かわからなくなってしまいます、どこの部分が表にくるのか覚えておきましょう。

流木にウィローモスを巻いて行きます

ウィローモストリミング 巻き直し
100円ショップやホームセンターで売っている釣り糸を使用します、高級なものでなくて良いです、魚を釣る用途では使いません。
ウィローモストリミング 巻き直し
人によってテグスの巻き方は違いますが、私の場合巻きが始まる所に長い糸で1カ所と最後に短く1カ所結んでおきます、こうする事で巻き付けた最後に簡単に結ぶ事ができます。
ウィローモストリミング 巻き直し
途中まで巻いた写真です、枝分かれしている所は一度先端まで巻いたら戻らなくてはなりません、こういった流木に巻くときはテグスを長めに用意しましょう、途中で長さが足りなくなると面倒です。細い枝に巻くときも注意が必要です、細い流木は折れやすいです。

 

ウィローモストリミング 巻き直し
すべて巻き終わったものがこちら余分なウゥローモスはハサミでカットしていきます、このカットですが長さを均等にする事で成長が一緒になり見た目が綺麗になります。

Sponsor Link

ウィローモストリミング 巻き直し

ウィローモストリミング 巻き直し
カット終了したのがこちら見てわかりますか?

 

ウィローモストリミング 巻き直し
すべての流木にウィローモスを巻き直しました、ソイルの掃除を終えた水槽にレイアウトして終了です。

ウィローモストリミング 巻き直し

こちらが作業終了してレイアウトしたミナミヌマエビ水槽です、一番太い流木をソイル刺してレイアウトしてみました、少し立体感を出したかったのでウィローモスがどんな感じで伸びて行くか楽しみです。因にガラス面の清掃は基本正面のガラスのみ清掃しています、サイドとバックは稚エビの餌用に放置してあります。

 

動画で紹介

45センチスリム水槽

屋内飼育用に立ち上げたメダカ用45センチスリム水槽ですが、凄く状態が良いです、苔対策用にヤマトヌマエビとゴールデンラムズホーンを混泳させています、今年の冬に幹之メダカの冬越え用にと準備しました、すこぶる調子が良いです。

緊急避難した幹之メダカ稚魚水槽

少し前まで屋内で稚魚の飼育をしていまして順調だったのですが。まさかの大量死、慌てて屋外のグリーンウォーター発泡スチロール水槽に避難させました、その後トラブルも無く順調に成長しています。

今回のミナミヌマエビ水槽

今回のウィローモス流木巻き直しをした水槽の動画です

その他の水槽飼育記事

応援ブログ

Sponsor Link