ポケモンGO
出典:http://www.pokemongo.jp/

ポケモンGO始めました

宣言通り始めましたポケモンGO!ミーハーなものですいません。巷では何かと悪いニュースが流れ世間的にはポケモンGOをやっている人=マナーの悪い人的な感じですよね、まぁニュースでは悪い事しか放送しませんからね、実際マナーの悪い人が多い!特に酷いのは運転しながらポケモンGOをしている人、これは早急に対処が必要ですね、まだ始まって数日ですが危ない運転をしている人を結構みかけます、ポケスト付近でノロノロ運転、モンスター現れて急停車、蛇行運転、後ろの人が携帯見ながら運転しているとほんと怖い、いつ突っ込まれるか、、、みなさんルールを守って楽しく健全にポケモンGOを楽しみましょう!無課金で遊んでます、あまり必死になると課金地獄に陥るのでまったりひっそり進めたいと思います。

『Pokémon GO』公式サイト

インストールはもちろん無料です、なんでも偽装ポケモンGOなんてのもあるようなので公式のオフィシャルサイトからダウンロードすることをお勧めします!

NHK NEWS WEBで偽アプリの紹介をしています

ヒトカゲGET!

ポケモンGO 始めました ヒトカゲから

最初のポケモンはヒトカゲから始めました、なにやらピカチュウを最初から選べる方法があるらしいですが特にピカチュウに愛着があるわけではないので適当に選びました、本当は間違って触ったのがヒトカゲだったという、、、

とりあえず何をしたらいいのかわからず、ウロウロしたらコウモリ(ズバット)のようなキャラが現れた、さっそくボールをぶつける、何回か失敗して当てる事ができた、このボール最近気づいたのですが失敗しても減らないと思っていたら、なんと失敗するとボールが減るんですね!慎重に投げないとあっという間に無くなりそうです。因みにこのボールはモンスターボールと言いモンスターを捕獲するのに使う道具です、ポケストップという場所に近づいて写真をスワイプするとクルクル画面が回転しボールや回復アイテム、卵などを吐き出します。自分の住んでいる場所の前にポケストップがある人は勝ち組らしいです(笑)、私の家の近くにはありませんでした、残念。神社にポケストップができる事を知った人が自宅前に神社を作ろうとしたとかしないとか、、、インストール初日はこんな感じで終了しました。

ポケモンGO 七北田公園 仙台翌日仕事帰りに七北田公園を通ったらポケストップがたくさん設置してありジムという存在を知る事になる。ジムとは場所取り合戦のようなものでトレーナーレベルが5以上になると遊べる施設です。仙台では榴ヶ岡公園も凄く人気のようです、何かのついでで行く事があったら記事にしたいと思います。残念ながら自宅周辺のポケストップの数はとても少なかったです、夜になるとポケストップ付近には車を路駐させている人もいるらしく近隣の方はほんと迷惑でしょうね~。

 

 

ピカチュウを最初に捕まえる方法

最初の3匹を捕まえないで無視して歩き続けるとピカチュウが現れるそうです。ピカチュウを捕まえても強化するのに大量にピカチュウが必要になるので最初は観賞用でしょうか、ポケモンと言えばピカチュウでしょうから欲しい人はやってみてください。

バッテリーの消費がハンパない!お勧めスマホ充電器

ポケモンGOをやっているとスマホの発熱が凄いですよね?それだけバッテリーの消費が激しいのです、使い方にもよりますが1時間も起動していたらバッテリー無くなってしまうのでは?そこで必要になるのがポータブル充電器です!充電器選びは色々あって迷ってしまいます、詳しく説明すると長くなってしまうので充電器の説明は別記事で紹介します。充電器を購入するうえで重要な条件は次の項目です。

1.容量は10000mah以上
最近のスマホは3000mah以上のものが多いです、最低でも2回フルに充電できる容量は必要ですよね、この10000mahという数字ですが数字上だと3回充電できそうですが実際は70%~80%ほどの充電能力です、それとバッテリーは使用回数で能力が落ちてきます、3000mahのスマホを2回フル充電を長い間使う場合は有効容量が6000mah以上で能力の低下も考えると8000mahは欲しい、すなわち10000mah以上というわけです。

2.重さは300g以下
携帯するわけですから重さは軽い方が良いですよね、300g以上の充電器は重く感じます。

3.入力・出力ともに最低5Vで2A以上が理想
この値は充電スピードに関わってきます、入力は充電器に充電するスピード、出力は充電器からスマホへの充電するスピード、2A以上が理想と書きましたが最近は以上じゃないとダメなレベルです。

上記の条件を軽くクリアし評判の良い、価格も手ごろな充電器がこれです

PowerCore 13000 大きさPowerCore 13000PowerCore 13000 2

Anker PowerCore 13000
容量 :13000mAh
入力 :5V/2A出力 :5v/3A
サイズ :約97×80×22mm
重さ :約240g
カラー:白/黒
希望小売価格(税込) :6,999円

Amazon価格 Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック

フルスピード充電技術

Anker独自技術PowerIQ(接続機器を検知し電流を最適化)とVoltageBoost(ケーブル抵抗を検知し出力電圧を自動調整)により、超高速充電を実現。最大3Aのフルスピード充電を可能にします。 2つのUSBポートを備え、2台同時充電も可能です。

大容量&日本製バッテリーセル

iPhone 6sに5回以上、Galaxy S6に3回、iPad Air 2に1回の充電が可能。また、高い安全製を誇るパナソニック製バッテリーセルを採用し、長期間安心してお使いいただけます。

出典:Anker

 

Sponsor Link