ついに!キャノンよりミラーレスカメラEOS Mシリーズ用の交換レンズである「EF-Mレンズ」初のマクロレンズ“EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM”を2016年6月下旬より発売します。

EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM

出典:キャノンHP

主な特徴

新製品“EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM”は、世界初のLEDライト内蔵でAF撮影が可能なマクロレンズです。EOS Mシリーズ用交換レンズに、描写力の高いマクロレンズを加え、ラインアップを拡充することにより、小型・軽量のEOS Mシリーズユーザーの写真表現の領域を広げ、撮影のさらなる楽しみを提供します。

マクロ撮影時に手軽なライティングが可能なLEDライトを内蔵

レンズ前面の左右に内蔵しているLEDライトを使って、手軽にライティングしながら撮影することができます。両側点灯と片側点灯の選択や、明るさの強弱の切り替えができるLEDライトにより、小物や植物、料理といったさまざまな被写体を、明るく照らしたり陰影や立体感をつけたりと、ライティングを工夫しながらマクロ撮影を楽しむことが可能です。

「スーパーマクロモード」により最大撮影倍率1.2倍を実現

撮影倍率0.7倍から1.2倍までのマクロ撮影が可能な「スーパーマクロモード」を搭載し、一般的なマクロレンズの最大撮影倍率である等倍(1.0倍)を超え、細部まで大きく写すことができます。被写体の質感や細部の様子を精巧に撮影するなど、マクロ撮影ならではの表現豊かな描写が可能です。

マクロ撮影時の手ブレを高精度に補正する「ハイブリッドIS」を搭載

通常撮影時に影響を受けやすい角度ブレに加え、撮影倍率が大きいマクロ撮影時に生じやすいシフトブレも同時に補正することが可能な「ハイブリッドIS」を搭載しています。三脚の立てられない場所や薄暗いシーンでも、ブレの少ないマクロ撮影を実現します。

出典:キャノンHP

Sponsor Link

ハイブリッドISで手ブレをおさえ、しかも光学系には高画質を実現するUDレンズ、非球面レンズも採用しています、今回個人的に凄いと思ったのが先細形状のレンズなので近づいたときのレンズの影ができにくい事、まさかのレンズにLEDライトが付いていてSSを上げれる&被写体の光沢に変化を付けられる事、スーパーマクロモードで通常の倍率よりも拡大して撮れる事、もう良い事盛り込み過ぎじゃないですか!130gと軽量なのも良いですね。1つだけF3.5ってのがちょっと残念ですが、他の機能と合わせればおつりがくるでしょう。会社にM3があるのでレンズだけ買って使ってみます(笑)これで風景を6Dで撮って花をM3で撮るという夢のコラボが実現する!

  • 最大径×長さ:φ60.9×45.5mm
  • 質量:約130g
  • フィルター径:43mm

価格は希望小売価格45,000円(フード付き、税別)

ネット最安値 ビックカメラ.com 38,250円(フード付き、税別)5月11日時点

動画

B&H Quick Look動画で紹介

単焦点レンズとしても使えるかな?

Sponsor Link