今年のゴールデンウィークの混雑も収まった7日土曜日に仙台から車で約3時間半、茨城県坂東市にあるミュージアムパーク茨城県自然博物館へ遊びに行ってきた、本当なら八幡平あたりの散策を予定していたのだが東北地方は天気が悪いため雨が降っても楽しめる所を探して少し遠出の茨城へ、ここから車で20分ほどの所に千葉県の関宿城を見る事ができるので博物館とお城楽しめる日帰りではなかなか充実したツアーです(笑)、城見学の詳細は別記事で紹介します。

ミュージアムパーク茨城県自然博物館とは

1994年にオープン、開館以来の利用者は900万人を超える。他の博物館とは異なった特徴があり15.8ヘクタールに及ぶ広大な野外施設や川から海への移り変わりを展示するうえでの生体展示もしている。利用料金も通常展示であれば大人530円、子供なら100円で利用が可能、この料金で屋外施設、屋内展示の両方を楽しむ事ができる屋内展示もゆっくりまわれば数時間かかるほどのボリューム、中でも恐竜の骨の展示は大迫力で動くティラノサウルスも観れますよ、各ブース共に観方が工夫されていて飽きる事がないです。屋外施設もエリアごとに分かれており各施設で子供たちがのびのび遊んでいました、中でもこの日は暑かったので水の広場が大人気!子供たちは裸で遊んでました。

ミュージアムパーク茨城
県立博物館らしい外観

 

ミュージアムパーク茨城
受付から入るといきなり6mのマンモスが現れ、驚かされる

 

ミュージアムパーク茨城
1F~2Fの吹き抜けを使った展示、背の高い展示物でも間近に見れるので迫力があり実に面白い

 

ミュージアムパーク茨城
光る鉱石の展示、実際にこんな鉱石があると思うとワクワクしてしまう
ミュージアムパーク茨城
見る角度によって光り方が変わる鉱石、鉱石の誕生する過程なども勉強できフムフムと頷いてしまう

 

ミュージアムパーク茨城
お待ちかねのティラノサウルス、やはりカッコイイ

ミュージアムパーク茨城
このごつい足、たまりませんムフフ

 

ミュージアムパーク茨城
サメの先祖メガロドンの顎骨、とんでもない大きさですよ

 

ミュージアムパーク茨城
生きてるみたいな狼のはく製、中には触れるものもあります、なかなか触る機会がない動物ですから貴重ですね

 

ミュージアムパーク茨城
植物の展示コーナーです、この他にもたくさん展示されています、カタクリの花って8年かけて咲くって知ってました?

ミュージアムパーク茨城

ミュージアムパーク茨城
可愛い!

Sponsor Link

ミュージアムパーク茨城
もう童心に帰っております

 

ミュージアムパーク茨城
こんな生き物がその辺を歩いていることを想像しただけで興奮します

 

ミュージアムパーク茨城
ちょっとした水族館ですよ


ミュージアムパーク茨城

ミュージアムパーク茨城

ミュージアムパーク茨城

ミュージアムパーク茨城

ミュージアムパーク茨城
池の中にはたくさんの亀と魚が泳いでいます

ミュージアムパーク茨城

ミュージアムパーク茨城

ミュージアムパーク茨城
県立の施設なので料金が安いです、コスパ良すぎ!

地図

ミュージアムパーク茨城県自然博物館HP

Sponsor Link