格安SIMへキャリヤ変更を強く勧めます!

毎月の携帯料金が2千円になりました

長らくdocomoで携帯電話を使用していたのですがパケット通信料、通話料、端末のローンの合計金額は月々1万とかなり高かった。docomoもそうですが3大キャリアはどこも長期契約者の優遇がほとんどなく、2年縛りの新規契約がとても優遇されるという酷い状況、以前から酷いとわかってはいたものの面倒な手続きが嫌で放置してきました。

たまたま格安SIMの内容を知る機会があり、よくよく読んでみると自分の携帯の使い方の場合、確実に安くなることがわかり、ついに十数年の付き合いがあったdocomoを辞める決断をしました!

携帯料金

格安SIMのメリット・デメリット

メリット

月々の支払いが格安

煩わしい契約がない

1年使えば違約金の心配はない

携帯を長く使える

デメリット

通話料が高い

通信速度にばらつきがある

端末は自分で用意しなくてはならない

故障したとき修理代は割高

 

まぁ細かい事を言えば他にもいろいろとありますが、やはり月々の通信費を抑える事ができるのが一番のメリットですね!、7千円払っている人が2千円になっただけでも毎月5千円浮きますから年間6万の節約ですよ、10年で60万です、早めに契約の見直しを考えましょう!

Sponsor Link

格安SIM厳選一覧

格安SIMの事業者はたくさんあります、気になる事業者がありましたらクリックしてみてください。それぞれ特色があるので面白いですよ!

DMM

freetel

TNC(モバイル4G/D)

BIGLOBE

IIJmio

OCN モバイル ONE

U-NEXT(U-mobile)

mineo

UQ mobile

楽天モバイル

などなど

その中でも私が選んだ格安SIMはmineo(マイネオ)です。

 

mineoにした理由

docomoプランで現在使っている端末が使えた、データは3GBで契約しようと思っており他社と比べて料金が比較的安かった、通信速度が良いとの評判、余ったパケットは翌月に繰り越し可能、サポートもチャットで相談できるのも良いです、家族だけでなく友人ともパケットを分け合える、面白いのがマイネオユーザーのパケットタンクなるものがありそこからパケットを使えたりします(笑)、マイページも見やすいので現在の仕様状況もわかりやすい。回線もdocomoの回線を借りているので繋がりにくいこともありません。マイネオ端末を購入の場合端末の補償も付けられます。※通話料金も安く済ませたい方には無料で加入できるIP電話アプリのLaLa Callでの通話も可能です。

因みに私はDプランの3GBデュアルタイプで月々1600円です、これに通話した分の料金が加算されます、動画も見ない、ネットは検索と閲覧だけ、通話も合計5分以内なのでうってつけのプランです(笑)マイネオにしてからの感想ですが、通信がたまに遅くなることはありますが概ね良好で個人的には問題ないレベルです、通話品質も前より良くなった気がします、これは思い込みかな、、、

 

docomoからマイネオへ変更する場合の流れ

①docomoのマイページよりMNPの申し込みをする(有効期間は15日間です)MNPの申し込みをしたことで解約の申請と同扱いになります、MNPの申し込み画面で解約するときにかかる総費用がわかります、結構な額(端末のローンの一括返済、違約金、手数料など)がかかることにビックリしました、よく考えて損のないようにしましょう!

②マイネオホームページからMNPでの申し込みをする。

③マイネオからSIMが届く、携帯のSIMを自分で取替、取説に従ってオンラインでマイネオに開通の手続き1時間ほどで使えるようになります。

もし月々の携帯料金が高いなぁと思っている方は自分に合ったプラン・事業者を探してみてはいかがでしょうか?浮いたお金でよからなぬ事を色々考えてるAGでした!

Sponsor Link